おさらさんの墜落しそうな堕落日記

プレイしたゲームの画像は、以下の会社の著作物です。
NCsoft Corporation. Copyright c in Japan. All rights reserved.
2004 Ntreev Soft Co,,,Ltd All rights reserved.<パンヤ>
2004, 2005 althi Inc. all rights reserved.<ワーネバ>

2020年03月27日

転職エージェントって…?

ちょっとまあ転職考えてる人向け?な事をちまっと書いてみようか。


まず転職する時、ある程度キャリア、年齢ある場合…転職サイトは結構不利

なんで?ってなるけど、ある程度キャリアある、年齢高いってのは給料的な問題で高いってイメージ。
キャリアあると年収高そうってなるですね、だから前年度収入が高いと採用側はちょっと腰引ける。

年齢高いってのは、そもそも転職サイトってハロワと違って年齢指定出来るのとフィルターを勝手にかける事が出来る。
んで、20代から30代まで使ってて、40代が使っても一般的なリクナビやマイナビとかって弾かれる確率が高い。

最近【応募しませんか?】って機能があるんだけど、アレはレジュメでキーワード一致があれば全員に行く。
オファーメール(3%の人に送るらしい)も同じで、一致すれば検討してくださいメールが行く…けどそれが書類選考に通過するかっていうとそうでもない。

まず年齢関係なくメールが行くってのと1応募枠採用1名に対して、大体1000:1かそれ以上といわれてる。
これは、dodaとかも同じ。書類で弾いて面接で会うって言うけど、それでも300:1とかって場合もある。
そりゃ無理だわ…ってくらいじゃないと無理。

転職エージェントに戻ろうかねぇ
転職エージェントは、基本的にマージン商売なので登録者は商品で駒な訳です。
担当が居て「面談する人」「営業担当」ってのがある。

それで転職エージェントの中で社内選考がある
リクルート、マイナビ、SB、dodaと大企業転職エージェントは全部あって、フィルターにかけてダメな人材は社内選考で落ちます。
何で落ちるねん!ってなるけど、それは【職務経歴書が悪い】【スキルが未熟】【年齢】って感じ。
学歴は?ってなるけど、そも求人票に必須学歴が記載されてるので、それ見て応募してよって話になる。

職務経歴書が悪いってのは、マジできつくて…添削してくれるって言うけど実際はそんなに見てくれません。
上記の大企業転職エージェントは、マジで見ない。添削してくれ!って話なら、中小エージェントの方が見てくれます。

そも大企業エージェントは、商品【駒】が多い&金目当てのアフィまとめサイトがおススメしまくってるので、登録者に困ってない。
登録者が多ければ多いほど、そりゃ有能な人材居ますわ。

でも中小は、そうはいかない。ある弾で勝負しないといけないので、しっかり悪い点を見てくれる。
ただケアが良いかっていうとそうでもない場合があるので、注意。


特に特化してない大企業エージェントの案件は、特化職業(ITとか)やってた人にとってはあまりよろしくない。
それなら、まとめにもあるレバテックとかギークリー、ヴィジョナリー、ワークポート、マスメディアン辺りを使った方が良い。

ただ…レバテックはスキルが無いとお断りされますし、ワークポートは担当の出入りが激しくていつの間にか消滅してたりする。
特化は、根本的に案件数が少ない。業界業種だけなので…

大企業エージェントは、【求職者面談担当】【営業担当】と二手に分かれて社内選考があるけど
中小エージェントだと【一人で両方受け持つ】ってタイプがちらりとある。

【一人で両方受け持つ】は、利点と欠点があるんだけど…

欠点
・レスポンスが遅い(他の求職者の面談してたりする&営業してたりなどなど)
・両方やっているので作業効率として時間がかかる(面談、推薦文とか作成している為)
・下手な人に当たると活動がきつい&紹介出来る案件が尽きる

利点
・ぶっちゃけ物を言ってくれる(お前のスキルだとこっちの方が推薦しやすいみたいな)
・可能性のある求人をチョイスしてくれる(営業もやっているので、可能性がある求人を勧めててくれる)
・社内選考がない(上記と同じで、可能性無い物を紹介しないから)

とまあ、そんな感じかな?
まとめサイトがそもそもリクルート良いよー!って言ってるのは、多分大抵…
【面接対策セミナーがあるから】
セミナーを受けると面接での状況などリクルートが持ってるノウハウを教えてくれる。
なので、個人的にはリクナビはそういう面を含めて使うのがベストだと思う。
ただリクルートは、職歴添削とか御大層な部屋で話していても、まったく使えないし
修正点については、ほぼ指摘だけでどうやったら良いのかくらいまで親身にしてくれません。
理由として、あそこは求人窓口担当者とサポート係ってのがメール窓口になっていて
メールは、ほぼサポート係しか返答しない。(日中面談で担当者は居ないから)
面接連絡もそんな感じだったなぁ。

ちなみに使えなそうな人材だと、
・まったく案件紹介ない(自分は見た事ないが…)
・応募しても成果が無ければ担当が消える(応募ゲージってのがあって、あんたの就職するには何件受けないといけないよーってのがある)
と、なかなか笑える状況になります。

そもそもリクルートのあの【〇件応募目標】ってね…年齢上がると50件とかやばい数になる。50件!?そんなの志望動機ねえわってなる。
数うちゃなんたら方式なので、そういうのが嫌いなら中小エージェントへどうぞって感じ。

特化型の職業の人は、特にその傾向強いかもしれない。
営業とか普通の事務みたいなのなら、断然大企業エージェントの方が良い。

年齢上がると【ハイクラス転職エージェント】ってのがある
ビズリーチやエンミドルですな…
アレはねぇ…本当にコネクションあって、実績積んでれば良いんだけど…
そんなコネクションも実績もないなら無理ですな…。

ちなみにコネクションがあるなら、そんなの利用しないで業界で伝手使って大抵就職してますがー。

番外として、俺はフリーランスでやる!って人は、フリーランス向けのエージェントもあります。
フォスターフリーランスとかね。
利用した事ないから、わからんけど…基本的に業務委託契約について詳しくないとなかなかやりたくないよね…委任契約やら色々あるし。

業務委託は、勤務時間も休みも保険も補償ないからホント、好きにやりたいって以外はおススメ出来ないなぁ。

まあアフィリエイトなんかやって無いから、まとめサイトみたいな宣伝文句は無いけど
・特化型の人間には、リクナビは最終的にハロワ使えとか普通に言う
・特化型エージェントは、転職サービスの質が非常に不安定(ワークポートとか外国人向けとか求人に普通に混ぜる辺りが意味不明)

ゲーム関係だと…そうだなぁ。
トライブ、クリークアンドリバー、ワークポートかなぁ?
もちろんリクルートとかにもある。ただ中小や受託系企業を紹介してもらいたいなら
特化型の上記のエージェントが良いんじゃないかなと思います。

映像系だと
マスメディアン、クリークアンドリバーとかまだほかにもあるだろうし。

一長一短あるって事ですなぁ…まあそういう訳でちまっと情報でした。ためにはならんよ
posted by おさらさん(osarasan) at 19:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]