おさらさんの墜落しそうな堕落日記

プレイしたゲームの画像は、以下の会社の著作物です。
NCsoft Corporation. Copyright c in Japan. All rights reserved.
2004 Ntreev Soft Co,,,Ltd All rights reserved.<パンヤ>
2004, 2005 althi Inc. all rights reserved.<ワーネバ>

2020年01月09日

いたって妄想

基本的にこれは、妄想です。

世界が進歩してきて、クローン技術などが発達してきたわけですが…。

最近ふと古代にクローン技術などがあったとしたら?と考える時があります。
まあ支離滅裂な事を書く事になるのですが、あくまで妄言ですね。

エジプトのミイラですが、これは不死、再生って事について
エジプトのミイラ思想は心臓に魂があるって話
実際に脳みそが腐敗しやすいってのもあるけど、脳みそを取り出しますね。そうしたら再生なんて無理じゃんって話です。
んで、古代のエジプトの思想ってどっからきたんだ?って事ですが…
自分は、実際古代伝承を古代エジプトになって、間違った解釈をして脳みそを取り出したって考えてます。
時代の伝承って結構間違ってそのまま口伝していっちゃったりして、あ…って現代になって分かる事ってありますよね?
その類じゃないかなって思ったり…

実際日本の古代神話についても同じで
昔の人は、現時点では全然思いもしない技術によって誕生したってのを目から生まれた、うんこから生まれたとか例えが出ます。
何だろ?イザナミとイザナギは、国造りで普通に子を成していた訳ですが、途中からイザナギ単体で生まれたになった時点で「?」ってなります。
飛鳥時代とか奈良時代だったら、「よくわからないけど、そういう事だ」で終わりますが…現代以降の未来生物学とかからしたらどうなるんでしょうか。

これを未来技術において考えると…クローン技術に置き換えると解決します…。いや妄言ですが。
その人の体の一部を使って、ホムンクルスやクローン体を作ったとしたら?と。
それを文章に著した場合…決まった文字を持たない種族が伝えるとなると口伝になります。
口伝によって、知りえる情報がどんどん断片化されていき…そして抽象的な神話になるってどうでしょうかね…。

結構古代の話で凄い寿命の人間が居るけど、
実際それ科学で寿命延ばした生命体だったとして…どんどん寿命が世代を経るごとに減っていく。
減る理由は、多分短命な普通の人間との交配により寿命がどんどん減っていく。

人間と改良された人間は、まったくの別物で…人間は原始種族、改良された人間は失われた文明から来た種族って話だったら
なんか、もやっとしたのが解決しちゃう気がしたんだよね…。

未だ文明とまで行かなくても人類の原始文明は存在する。
4大文明なんていうけど、20世紀に定義というか宣伝されたものだし、
ついぞ1800年代くらいまで、殷王朝すらあるかどうか、インダス文明発見したぞって言われてたんですから、あてになりません。

現代においては、メヘルガルみたいな紀元前7000年の遺跡だって出てきてる訳ですから。
何かまだまだ未知なるものが出てくるかもしれませんね…。
posted by おさらさん(osarasan) at 23:20| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]