おさらさんの墜落しそうな堕落日記

プレイしたゲームの画像は、以下の会社の著作物です。
NCsoft Corporation. Copyright c in Japan. All rights reserved.
2004 Ntreev Soft Co,,,Ltd All rights reserved.<パンヤ>
2004, 2005 althi Inc. all rights reserved.<ワーネバ>

2019年05月01日

新しい元号のスタートですな

今日から、新元号ですな。

まあそうですね・・・平成31年の歴史の中でやはり
ブログもはじめとしたITの発展もそうですが、
一部医療も発達し情報量の多さも昭和に比べると増大して精神が付いていかず病むなど色々な負荷もあったり、天変地異なども色々あったって感じですが・・・

どうですかね・・・昭和が戦争とそれに伴う復興の歴史とすれば、
平成は、天変地異、経済の低迷と復興への歴史という感じでしょうか。

令和ですけど、天変地異は変わらず起こると思ってますね。だって東南海などの大地震予測がもはや30年以内に100%近いわけですから
例え20年くらいとしても・・・起こる訳です。

あとは、医療と宇宙工学かな?と・・・
まあ西暦で動いてる世界は、こういう節目なんか関係ないですけどね・・・。


という訳で、ウイニングポスト9について

コーエーが、馬セットのDL販売をしてますけど・・・正直!
グラスワンダーが手に入る時点で、テイエムオペラオーとスペシャルウィークには、マジで勝てます。
あとね、ダイワスカーレットは、このブログでも出した気がしますけど・・・
お守りさえあれば、普通に手に入ります。
そしてこの時期に虹のお守り1枚は確実に持っているはずなんです・・・!だから意味ねえ売り方だなぁ・・・って
ちなみにジェンティルドンナとかも普通に手に入るし・・・

ディープインパクトにいたっては、菊花賞が展開次第で三冠取れないし・・・
秋古馬三冠がやっとなんですけど種牡馬としての価値のみですね・・・。

それよりも注目すべきは、
米国馬のアメリカンファラオとジャスティファイです!

この馬は、手に入りません・・・そう如月さんが話を1月に持ってこない限り・・・。
アメリカンファラオは、普通に米国三冠を持って行き、引退まで牧場が整っていれば相当活躍します。
ぶっちゃけ、ダート無敗です。

ジャスティファイも米国三冠取れます。この2頭は、完全史実通り米国三冠出来るので欲しいっす。

あと自家生産馬の鬼ドーピングというのは、多分15年くらいやっていると使える・・・
知人と馬主から貰う「〜の薦め」を同じ馬に使いまくる・・・ただ距離適正が見えないと何とも言えないけど。

正直キタサンブラックやオルフェーブル、ウォッカ辺りは種牡馬入りぎりぎりのGT1勝くらい雑魚に出来ます。
もちろん対抗馬として自分の馬を当てるんですが・・・ダイワスカーレットとジェンティルドンナが手に入れば余裕。
逆にウォッカを育ててダイワスカーレットを雑魚にするのもありですが。

スペシャルとオペラオーは、牧草MAXの温泉ある状態のグラスワンダーなら粉砕できます。
スペの三冠は阻止出来ます&オペラオーの古馬三冠を阻止出来ます。

↑のライバル対決しまくると配合が有利になります。ボコボコにすればするほど有利です。
ライバル配合の付加価値が増大して、さらに年末ほぼ確実に年度激戦に選ばれます。

ウォッカは、海外に繁殖いっちゃうので・・・ダイワスカーレットよりもウォッカを育成するのも手かなあ?と
スペシャルウィークとグラスワンダーの仔を掛け合わせると・・・まあ普通に強い馬出ちゃうんですが・・・
この頃になるとこいつらの子供が、アーモンドアイなんか粉砕してるし・・・。

歴史的にはアグネスデジタル、シンボリクリスエス、トーセンジョーダンが手に入ると大体勝てそうですね・・・
トーセンジョーダンは、鍛えられれば・・・って感じですが。

2018年は、やはり・・・第三の怪物が登場するので、これはシリーズ知っている人は絶対買うしかない。。。
そう、サードステージですね!トウカイテイオーのラストクロップなんでパーソロンが滅ぶって事は無いです。

滅ぶのは、エルバジェ、ネイティヴダンサー、プリンスローズ、ロックフェラ、ネヴァーベンド辺りかなあ・・・
なので、零細育成も必要になりますね・・・オグリの仔とハクタイセイの仔、ミホノブルボンの仔辺りを何とか育成してがんばりたい所ですが。

むしろ俺がDL販売で欲しいと思ったのは、トウケイニセイですね・・・あいつマジで初期の状態だとダート戦でぶっちぎりだから
posted by おさらさん(osarasan) at 20:52| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]